てくださいよ!この写真▼

まるで、”写ルンです”のような写真になってますよね!!?

昔の写真ではありません。ついこないだ撮影した写真です。

『Huji Cam』というアプリを使えば、あっという間にまるでフィルムカメラのような写真が撮れます。クオリティがかなり高い!

かなり古き良き時代感が出てます。ご紹介しましょう。

フィルムカメラ風写真加工アプリ『Huji Cam』

名前もデザインの雰囲気も、『写ルンです』を彷彿とさせる写真加工アプリです。

たまたまApp Storeのランキングを見たら、上位に入っていたのでインストールしたら、これがかなりクオリティが高い。

淡い感じで、何と言っても時代を感じさせるのが右下に印字されている日付!

98年の日付が入る

月日は撮影日時と同じなんですが、年はフィルムカメラ全盛期の1998年になります。(設定で現在にもできる)

この写真を撮影したのはつい先週なのに、まるで何十年も前のような雰囲気になりますね。

2000年代生まれの人は、わからないかもしれないが、この日付が入る写真が以前はたくさんあったのだ。

そういえば、近頃『写ルンです』がブームになってましたね。

でもわざわざカメラ買って、現像しなくても簡単にフィルム風写真が作れるのならこれで十分。

 

ゴーストが入る(こともある)

レンズに光の屈折によって映り込む”ゴースト”も加工の演出としてたまに入ります。

設定で入らないようにもできます。またこのゴーストも良い感じで入ってくるんですよね。

撮る被写体によっては本当に昔のような写真に見えるクオリティですよ。

 

相性が良さそうな写真は?

ちょっとだけ何枚か撮ってみましたが、フィルムカメラっぽい写真になる場合と、イマイチな写真が撮れました。

純粋に今を感じられる物が入っていると、フィルム写真として違和感が感じられます。

風景はかなり雰囲気が出ますね。

中でも最も雰囲気が出た写真がこちら▼

一昔前のニューヨークって感じですよね。ちなみに撮影地は有楽町です。(笑)

加工してない写真はこちら▼

いや加工フィルターのチカラってすごいなぁ〜。

インスタグラムを筆頭に加工フィルターって、たくさんの種類が普及していると思いますが、この加工はかなり作り込まれているじゃないでしょうか。

あと撮影していて気づいたポイントとして、レトロなものや傷や汚れがあるものなんかを撮ると古き良き感が出るっぽいです。

 

持っている写真を加工したい場合は120円

普通に写真を撮る分には無料で利用できるのですが、すでに持っている写真を加工する場合には有料(120円/1度)になります。

これだけのクオリティでアプリ自体が無料なのも大サービスだと思います。

例えば他のカメラで撮った写真とか、もらった写真とかを加工したい場合には有料にする必要がありますね。僕は速攻で課金しました。

エモいなぁ〜。この写真なら本当に当時っぽい。

最近、JR線が事故で運休して大混雑した時に撮った写真▼

「あれ?これ昔撮った写真だっけ?」と錯覚してしまいそう。

普通に知り合いに見せたら、バレなさそう。

スマホで撮影アイデア用に保存しておいた写真も加工してみると、良い感じに。

エモい。古き良き。レトロって感じです。

本当良い感じに味が出てます。

 

その他、機能

最後に機能ですが、できることは

  1. インカメラモード
  2. 無作為光の効果の有無
  3. セルフタイマー(3秒,10秒)
  4. 写真の品質(低解像度,そのまま)

自撮りもできるし、写真の画質をあえて低解像度にするのもナイス機能ですね。

うーん、値段が500円でも買うかな。

 

まとめ

一つの種類の加工フィルターアプリですが、この『Huji Cam』アプリは群を抜いて高クオリティです。

ついでにApp Storeの他の加工アプリとか見てみたんですけど、このアプリが群を抜いてハイクオリティでした。

これは流行りそう。(すでにアプリストアで上位でしたが)

これだけのクオリティなら、いっそのこと富士フィルムは買収して公式として運営した方がいいんじゃないか。

もし今後このアプリ流行して、SNSにたくさん写真が出てくるようになったら、それはそれで残念だけど、確実に良きアプリであることは間違いない。

エモい写真が撮りたいなら、ぜひお試しあれ!

以下のURLからApp Storeに飛べます▼

 

Huji Cam – 無料【App Store】

 

 

【この記事をSNSでシェア or 保存する】

”おもしろい”と感じることドンドン探求中。 多趣味な人。ブログ作ったり、動画作ったりしてます。関心キーワードは『自然』と『テクノロジー』。「おもしろいっ!」と感じたことを追求していって、もっと地球を堪能したい。Twitter、YouTube、Instagram更新中。

その他メディア→

コメントはまだありません

コメントや質問をどうぞ!

Related Posts

最安でGoProを使いたいなら”レンタル”に限る < PR >

最安でGoProを使いたいなら”レンタル”に限る < PR >

【HTML/CSS学習】唯一やり遂げられたのは『Progate(プロゲート)』だった

【HTML/CSS学習】唯一やり遂げられたのは『Progate(プロゲート)』だった

【20%OFF】Adobe(アドビ)のプランが12月1日(金)までキャンペーン実施中

【20%OFF】Adobe(アドビ)のプランが12月1日(金)までキャンペーン実施中

NIのイベント『NATIVE SESSIONS』で新製品とライブ見て、また楽曲製作やりたくなった

NIのイベント『NATIVE SESSIONS』で新製品とライブ見て、また楽曲製作やりたくなった

他メーカーのレンズが使える!『マウントアダプター』で一眼レフの”マウント縛り”から解放される

他メーカーのレンズが使える!『マウントアダプター』で一眼レフの”マウント縛り”から解放される

GoPro買う前に考えたい”種類別”オススメ利用法 ~5と6の差が微妙!?~

GoPro買う前に考えたい”種類別”オススメ利用法 ~5と6の差が微妙!?~

【スマホvs一眼レフ】”写真”の質はどのくらい違うのか検証してみる

【スマホvs一眼レフ】”写真”の質はどのくらい違うのか検証してみる

『ウインドジャマー』自作して動画撮影でうるさい”風の音”を軽減させてみる

『ウインドジャマー』自作して動画撮影でうるさい”風の音”を軽減させてみる