うやら2018年は仮想通貨にとって大きな節目を迎えるように感じます。ツイッターを見ていると「2018年中に稼ぎ切って逃げる」と言ったような意見がちらほら見られました。

もちろん仮想通貨が今後どうなるのかなんて誰にもわからないし、予想を鵜呑みにするのもよくない。

でも、仮想通貨はいよいよ多くの人に浸透してきて、2018年にはピークを迎えそうな感じもします。

だからこそ!このバブリーな仮想通貨市場で2018年がラストチャンスと思って意気込む人も多いです。

最近思うのは、まずはできる限り仮想通貨資産を増やすことに注力して、実用的な仮想通貨が普及してきた時にその仮想通貨に換金すればいいんじゃないかと。

やっぱり正直なところ、資産を増やしたい。

さて、とても大事であろう2018年に入ったところで、戦略を考えて仮想通貨ポートフォリオを組み直しました。

一点集中ではなく、分散投資

前回書いた記事で資産額は約30万円ほどでした。(原資15万円)

【関連記事】開始から2ヶ月で投資額が2倍になりました

年末にかけて仮想通貨市場がどっと暴落しましたが、年が明けてからまたプラスに転じるようになってきました。

2017年12月22日

全体的に暴落している時はつまらないのでアプリをチェックする回数が減っていて良かったです。高騰する時ほどチェック回数が増えるので中毒性が高くなります。

できれば何回もアプリ見たくないし、常に気になっている状態から解放されたいものです。(汗)

2018年に入ったタイミングで、投資する仮想通貨と割合を決めて固定してしまおうと思います。利益が20万円以上の状態で仮想通貨を変えたり、利益確定すると税金が発生してしまうので、固定、、いわゆる”ガチホ”せざるをえません。

二ヶ月半ほど仮想通貨を見てきて、なんとなくどういう割合でやっていけば良いか自分なりに考えたのですが、分散投資でいこうと思います。

大きく利益を出すためには投資銘柄を絞れ!なんて話も聞きますが、良いと思う銘柄がありすぎるし(笑)、絞って爆死もしたくないのでリスクを分散します。

BCHの時代が来るか!?

仮想通貨といえばビットコインですが、しかし最近ではビットコインは機能の面で不便な通貨になってしまっています。送金詰まりを起こすわ、時間がかかるわ。。手数料が高騰など低いコストで使えるはずの便利な仮想通貨の姿から離れてしまっている状態です。

そこで注目されるのが、ビットコインから分裂して誕生したビットコインキャッシュ(BCH)です。

BCHはビットコインをよりアップグレードした仮想通貨で、改善されたビットコインといえます。最大手マイナーのジョン・ウー氏や超有名投資家のロジャー・バー氏など、ビットコインで大きな影響力を持った人たちが相次いでビットコインキャッシュに乗り換え、「ビットコインキャッシュが本物のビットコインだ」と言っています。

その後もビットコインキャッシュを評価する記事が続々と出ています。

とはいえ、ビットコインの知名度は圧倒的で、いくらビットコインがちょっと不便で、ビットコインキャッシュが便利だとしても、結局、名のあるコインが買われていきます。

少しずつビットコインキャッシュを支持する声が上がってきていますが、まだ当分はビットコイン人気が続くかもしれませんん。

僕は2018年に入ったタイミングでビットコインからビットコインキャッシュに切り替えようと思っています。そろそろ流れがビットコインキャッシュに行くかも知れない、と考えおります。

 

本命はOmise GO(オミセゴー)

僕は詳細なビジネスまで調べてないし、わかりませんが、オミセゴーはワクワクするので一番期待している銘柄です。

CEOが日本人で日本語の情報も出ているのと、プロジェクトの動きが感じられ、実現性があるように思います。

初めて名前を見た時は変なネーミングだと思っていましたが、今や馴染み深い名前となりました。

価格の推移でいえば、初めて買った時が700円代で、今は2,500円あたりと3倍以上になっています。もちろんまだまだ伸びると信じてます。

オミセゴーは東南アジアをターゲットにした決済システムなのですが、純粋にオミセゴーを東南アジアで使ってみたい。

 

急騰を続けるカジノコインADA(エイダ)

プロジェクト自体ちょっと調べた程度でカジノに使われるというADAコイン。

仮想通貨初めてアルトコインをちょっと探り出し始めた頃に出会ったコインで、初めは1000円分だけ買ってみました。

買った当時の価格は1ADA、2円でしたが、爆発して今やなんと150円近くまで上昇しました。

1000円分だけ買っていた通貨が2万5千円ほどになっていてびっくりしたので、まだまだ伸びると期待してさらに買い増ししました。

一度急騰を経験してしまうと、周りが見えなくなりそうで怖いんだけどたまんない!

ADAコインから学んだことは、実現するかよくわからない物でも、人気をとれれば伸びるもんだと感じました。特にADAはカジノに特化したコインなので、金持ちのギャンブラーが投資してくれやすいのかも、なんて思ったり。

仮にたいして実現性のない仮想通貨でも、人気を獲得できれば価格は上がる。

 

イーサリアムは今年で開花するのでは?

市場規模がビットコインについで第2位であるイーサリアムは、ビットコインに比べて価格が低すぎるように感じます。

おそらく開発者サイドからみて、かなり評価の高い暗号通貨だと思いますが、爆発するのはこれからなような。

ずっとそんな感じで来て年末にも少しずつ上がっているので、あるタイミングで一気噴火しそう。

 

アルトコインの爆発力にチャンスをかける

とまあ、僕が大きく張っているコインを紹介しましたが、大きな収穫を狙うにはアルトコインで張るしかないと思います。

もしかしたら、もう今後はビットコインvs.アルトコインという構図は無くなって、ビットコインの存在が落ち着くかも知れません。

後発組はなるべく真新しいアルトコインを探して、張らなければ大きなチャンスはありません。あと原資も必要。

ADAコインのような通貨にがっつり張って爆発すれば、一気にかなり高いところまでいけるチャンスがあります。もちろんがっつり張ったらその分だけ爆死するリスクも抱えることになります。

そうなってくると様々なアルトコインに分散で投資するのは、少なくとも収益を増やすプランとして確率が高いと思います。

まだまだICOとかでこれからを狙う新しい可能性に投資することもできます。

そういえば、COMSAも持っているので次なる展開も楽しみであります。(用途よくわかっていないが)

最後に1万円分くらい使って、現時点で時価総額が低い順からみて面白そうな仮想通貨にもタネまきコインとして、購入してみます。

この話はまた別記事に記録しておいて、しばらく経ってからどうなったのかチェックしたいと思います。これ面白そう。もしかしたらほぼ無価値になっているかも知れないし、爆発しているかも知れないです。

2018年はとりあえずこんな感じでいくつかの主軸コインに分散するプランで行こうと思います。

 

【この記事をSNSでシェア or 保存する】

この記事書いた人

二宮パトリク

多趣味な発信者。 『カルチャー』とか『ネイチャー』とか『テクノロジー』が好きです。 目標は自分のメディア(ブログとか)で、表現しながら暮らしていけること。 ツイッター毎日やってます。

コメントはまだありません

コメントや質問をどうぞ!

Related Posts

OmiseGo(オミセゴー)とは?プロジェクト内容から購入方法まで

OmiseGo(オミセゴー)とは?プロジェクト内容から購入方法まで

開始から2ヶ月で投資額が2倍になりました

開始から2ヶ月で投資額が2倍になりました