メジャーレーザーの曲ってレゲエとかを扱うことが多くて、前まで苦手なイメージだったんだよね。

っていうかそもそもメンバーの一人であるDiplo(ディプロ)の音楽がぶっ飛びすぎて、全然ついていけねーと思っていた。

ところがどんどん勢いづいて、DJ Snakeとコラボした楽曲『Lean On』が2015年に大ヒット。YouTubeでめちゃめちゃ再生されて今、確認したら22億再生だった。。ピコ太郎のPPAP動画の約13倍。

EDMの近年の傾向として、サビでドンシャリするような構成でなくて、音数が少ないスマートなサビみたいなのがトレンドになっている。

初めの頃(たぶん2013頃年)はこのスマートなサビというのが、なかなか違和感があるものだった。今ではもうすっかり当たり前に。

もともとディプロの曲はゴチャゴチャしてて、なんだかカオスで苦手だった。

メジャーレーザーもよく知らなかったし、正直ディプロの名前くらいしか知らなかった。

Major Lazer(メジャーレーザー)は3人組のグループで、Diplo(ディプロ)、Jillionaire(ジリオネア)、Walshy Fire(ウォルシーファイア)がメンバー。みんな30代後半。

 

Apple Music限定のドキュメンタリーがおもろい!

何が言いたいかっていうと、毎度お馴染みのApple Musicのビデオにこのメジャーレーザーのドキュメンタリーがアップされていて、これがおもろかった。

基本的に好きな系統の音楽ジャンルのドキュメンリーはおもろいに決まっているが、もともと苦手意識のあったアーティストでもドキュメンタリーを見れば、愛着が湧いてくるってもんだ。

たまたまメジャーレイザーの新作アルバムが出てたから、聴いてたらこのドキュメンタリービデオ見つけた。

以下は新作アルバムの曲▼

ドキュメンタリービデオの内容は、メジャレーザーがキューバで初のライブを行なうというものだった。

以前にも投稿したKygoのドキュメンタリーでも、みられたのだが音楽を作るアーティスト以外にもマネージャーが存在して、ビジネス的な面を管理する人がいる。

だから一見、一つのアーティストに見えても、裏ではチームを組んでおり、何人もいてみんなで一緒に成長していってるようだ。

こういう裏側が見れるからドキュメンタリーは面白い。

あとはキューバの音楽事情についてもたっぷり語られている。

キューバーではインターネットが制限されているため、僕たちのように自由にネットサーフィンすることができない。

そんな環境の中でもグレーな方法で独自に海外の音楽を取り入れている。

最も心を動かされた場面はやっぱり、本番の舞台に上がるシーンだ。

時間をかけてキューバ政府と交渉して、開催にこぎつけた。ネットが使えない環境で集客もした。そもそもキューバ国民はメジャーレーザーのことを知っているのだろうか?

そんな状況でついに本番を迎える。

ネタバレになってしまうが、数万人来れば良いと言われていたのに本番には40万人もの客が殺到した。

映像でも十分に圧倒的な客の数が感じられた。

キューバの国の状況はこれからよくなっていくようだ。そんな中でメジャーレーザーのライブを聴いたキューバ国民はこれから躍進を遂げていくのかもしれない。


このドキュメンタリーはApple Music会員限定のコンテンツです。

Apple Musicは最近映像にも力を入れていて、かなり面白いです。

4,000万曲聴き放題 |Apple Music

 

【この記事をSNSでシェア or 保存する】

この記事書いた人

二宮パトリク

多趣味な発信者。 『カルチャー』とか『ネイチャー』とか『テクノロジー』が好きです。 目標は自分のメディア(ブログとか)で、表現しながら暮らしていけること。 ツイッター毎日やってます。

コメントはまだありません

コメントや質問をどうぞ!

Related Posts

Above&Beyonde主催のフェス『ABGT250』 広大な自然でエレクトロニックが響き渡る良きフェスか

Above&Beyonde主催のフェス『ABGT250』 広大な自然でエレクトロニックが響き渡る良きフェスか

『The Weekend(ザ・ウィークエンド)』聴き疲れすることのないシットリした音楽♪

『The Weekend(ザ・ウィークエンド)』聴き疲れすることのないシットリした音楽♪