ーデミーは世界最大級のオンライン学習サービスです。

ウェブの動画講座で気軽に学ぶことができるので、気になっている人も多いと思います。僕自身のユーデミー体験も踏まえて紹介していきます。

1.世界最大級のオンライン学習サービス

もともとユーデミーはアメリカのシリコンバレーで誕生した海外の動画学習プラットフォームです。日本でサービスを開始するにあたって、通信講座で有名なBenesse(ベネッセ)とパートナーシップを組んでいます。

なので、ユーデミーのサイトを見てみると英語の講座も多く見られます。

世界最大級のオンライン学習サービスで、利用者は世界で1,700万人、講座数は55,000以上にも及びます。

ユーデミーの特徴を見ていきましょう。

 

2.自分のペースで学べる

録画された動画講座なので、自分の好きなタイミングで学ぶことができます。

時間がある時にたっぷり学び、時間がない時にはほんのちょっとだけでも学ぶことができます。

スクールに通う場合だと、スケジュールが固定になってしまうのでなかなか融通が効きません。

講座の動画も1つあたり数分と細かく区切られているので、時間の調節がしやすいです。

 

3.スクール通いよりリーズナブル

何と言っても、学校や専門スクールに通って学ぶより、リーズナブルです。

価格はユーデミーの講座にもよりますが、だいたい1,600円〜25,000円が相場です。25,000円でもスクール通いだと10万円〜数十万円はするので、だいぶ割安だと思います。

ここだけの話、講座の価格は割引表示してあるものが多く、ずっと割引のままっぽいので安く見せるような価格表示になっています。

あとたまにセールもやっています。セールの時は結構割安で講座を購入することができます。

 

4.講座のボリュームがある

これも講座によってバラバラなので一概には言えませんが、例えば僕が受講した『未経験からウェブデザイナーになる!』では、大体5分ほどの動画講座が422もあります。かなりのボリュームで、0から創作できるまでを丁寧に解説しています。

動画の時間は全部で約41時間あるので、もちろん内容が薄いということはありませんでした。むしろボリュームが多くてちょっと覚悟がいるくらいです。

ただたっぷりある講座も5分程に区切られているので、例えば15分する動画を見ていくよりはちょっとずつ進められるし、精神的負担も減ります。

 

5.スマホやタブレットでも学べる

ユーデミーではアプリもリリースされているので、スマホやタブレットにダウンロードすれば、外出時にも学ぶことができます。

通勤時でも、カフェでも、ソファでもいろんな場所で利用できます。実践が必要な講座の場合でも、予習、復習できます。

 

6.日本語の講座は多くない

世界最大級ではあるものの、まだまだ日本語の講座が少ない印象です。カテゴリーによっては英語の講座が混じっていたり、ほとんど英語の講座だったりします。

印象としてはWEB関連、ビジネス関連の講座が多いです。逆に他のカテゴリーの講座となると英語のものがほとんどです。

 

【まとめ】趣味を深めたいときに、仕事に生かすために使える

動画の講座サービスはユーデミー以外にもありますが、ユーデミーに特徴はいろんな講座があることだと思います。

画像編集のフォトショップの講座だったり、ウェブマーケティング講座や写真の講座など、幅が広いです。

「前からこれ学んで見たかったんだよなぁ」という項目があれば、ユーデミーで手軽に初めて見るのも良いでしょう。経済的負担も少なく、自分のペースで学んでいけるので、ちょっとやってみて挫折しようがダメージが少なく済むし「そこまで興味があるものではなかった」と知ることができます。

セールは割と頻度が高い印象があるので、学びたいことがある・何か新しいこと学びたいって方はぜひ公式サイトを見ると良いと思います▼

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

 

【この記事をSNSでシェア or 保存する】

この記事書いた人

二宮パトリク

多趣味な発信者。 『カルチャー』とか『ネイチャー』とか『テクノロジー』が好きです。 目標は自分のメディア(ブログとか)で、表現しながら暮らしていけること。 ツイッター毎日やってます。

コメントはまだありません

コメントや質問をどうぞ!

Related Posts

学生ならAdobeソフトが最大60%安く利用できる!フォトショやイラレなど多数

学生ならAdobeソフトが最大60%安く利用できる!フォトショやイラレなど多数

『Apple Music』vs『Spotify』ならアップルミュージックをオススメする

『Apple Music』vs『Spotify』ならアップルミュージックをオススメする