公共料金などの支払いがケータイで出来るサービス

NO IMAGE

納付書

 

 

 

 

 ケータイ電話や公共料金、税金など

納付書で支払うことがよくあります。

 

 

納付書の支払いをケータイで出来る

「モバイルレジ」というサービスがあります。

スマホ読み取り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケータイのカメラで納付書のバーコードを

スキャンして読み取り、ケータイで決済完了できるという

便利なサービスです。

 

ケータイの料金や国民健康保険や税金など

納付書で払う機会ってよくありますよね。

 

わざわざコンビニや郵便局、銀行まで

支払いにいかなければなりませんでした。

 

「モバイルレジ」ならいつでもどこでも

ケータイで公共料金などの支払いができます。

 

例えば、 

携帯電話の請求書

学習塾の請求書

生命保険、損害保険の請求書

不動産賃料

通販で買った商品の請求書

など

 

 

・モバイルレジで支払うための5つの手順

 

1、ケータイでモバイルレジのアプリをダウンロード。

 

  ↓

 

2、ケータイのカメラで納付書のバーコードを読み取る。

 

     ↓

 

3、納付内容を確認。

 

    ↓

 

4、支払う金融機関を選択。(モバイルバンキング)

 

    ↓

 

5、支払い完了

 

 

結構簡単です。

 

支払いができる公共料金や税金は

各地方公共団体によって導入しているところ

と導入していないところがあるようです。

 

これからもっと取り扱いできる機関が増えていくでしょう。

 

便利なところは

アプリのダウンロードで会員登録はいりません。

手数料は無料です。 

 

ちょっと面倒なのが、

モバイルバンキングの利用登録をしなければならないところです。

銀行などの金融機関をケータイで24時間利用できるサービスです。

各金融機関で利用登録をすれば使えるようです。

 

 

一度モバイルレジのアプリをダウンロードしておけば

支払いの納付書がきた時にすぐにケータイで簡単に支払いが出来ますね。

 

 

 

このバーコードを読んで支払いができるというのは

なかなか便利ですよね。

 

最近はケータイでクレジットカードの決済ができる

「スクエア」がでたりと決済がとても簡単になっています。

 

すると、個人で商売をしている人たちがより

お客さんにいろんな支払い方法で買ってもらえるようになっています。

 

たとえば、フリーマーケットで商品を買うのに

「スクエア」を使えば、その場でクレジット決済ができます。

 

 これってかなり個人が商売しやすくなっている

ということです。

 

ネットでお店を(ECサイト)を簡単に出店できたり、

オークションでもお店を持てたりと

一個人がビジネスをする時代がやってきていると言えます。

 

 

 

 

 

【この記事をSNSでシェア or 保存する】