こんにちは、

二宮パトリクです

 

最近は、いろいろなビジネス本を読んでいたのですが、

これからはネットとリアルの世界の境界がなくなっていくので

ネットビジネスという枠に染まっているだけでは

まずいと感じた次第です。(@<@)

スマートフォンの出現により、

より簡単にネットに接続できるようになり

今では電車の中では大半の人がスマホをいじっています。

 

ネットとつながることに対して

ほとんど無意識になってきています。

 

そこでネットとリアルをつなぐ

これから普及していくであろう

”デジタルサイネージ”をご紹介します。

 

デジタルサイネージとは、

画像や動画を流す画面のことで

例えば、渋谷のスクランブル交差点にある画面のことです。

テレビやケータイ、スマホに続く第4のスクリーンと呼ばれるもので、

エレベーターやATM、最近では自動販売機もデジタルサイネージ化しているのだ!!

 

画面の大きさは関係なくて、

お店のレジの横に画面をおいて画像のスライドを映したり、

お店の前に画面で宣伝していたり、

最近ではいろいろなところで見かけるようになりました。

 

iPadを使ったり、テレビにDVDをつないで宣伝したり

町のあらゆるところで画面が出現しました。

IMG_2999

 

 

 

 

 

 

 

山手線の電車内で番組が流れるようになりました。

コンビニでもレジのお客側に画面がつくようになりました。

 

そういったものが”デジタルサイネージ”なのです。

 

IMG_3002

 

 

 

 

 

 

 

 

数年前にはほとんどなかったが

今では誰もが身近にあるものとなっています。

 

おそらく今のところ都市部での普及がメインです。

 

それで、デジタルサイネージが普及していくと

どんな世の中になるのか?

 

・町のあらゆるところに動画広告が打てるようになる。

今はポスターやチラシなどの紙の媒体なので静止画ですが、

それがデジタルサイネージの普及によって

動画広告へと進化を遂げます!!

要するに町中動画だらけになります。

 

・動画作成業界が発展する。

町中動画だらけになるわけですから

その動画を作るサービス、製品を作る事業が栄えます。

個人でお店を経営している人でも簡単に動画が作れるソフトとか

動画のクリエーターが増えるなど

動画を映すパネル製造が盛り上がるなど。

 

・紙媒体のチラシ、ポスターがなくなっていく。

パネルの急速な普及によって紙媒体のチラシなどが

必要なくなり、スマホやタブレットなどのデバイス

またはデジタルサイネージで広告を打つことが主流になる。

 

数年前タッチパネルが世の中に出回り、駅の改札のタッチパネルにすら

「タッチして壊れないのか?」なんて思っていたが

今では街のあらゆるところに普及している。

 

これからもっとたくさんの”デジタルサイネージ”が町中に現れて

あなたの日常で無意識にデジタルサイネージに映る広告の影響を受けることになかもしれない。

 

IMG_3008

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
”おもしろい”と感じたこと探求しながら発信。 【アクションカメラで映像作る】【写真撮る】【画像編集する】【パソコン作曲】などなど作って表現することが好きな多趣味な人。 ブログやYouTubeを始めとする複数のWEBメディアで発信している。 「おもしろいっ!」と感じたことを追求すれば、人生は楽しくなる。 ←Twitter、YouTube、Instagramやってるので、ぜひフォローを!

2件のコメント

コメントや質問をどうぞ!